Sophie's Room
ワン・ショット
WP_000107.jpg

まだあまり食に興味がないソフィー。他にしたいことがありすぎて、いつもそわそわ食べる。

オリンピックまだまだ続いてるようですが、トム・クルーズが主演するジャック・リーチャーの映画が「ワン・ショット」を原作にしてると知ってそれを読み始めたら(ふふっうちにはシリーズ全作揃ってます)、終わってすぐ続編「The Hard Way」も読んじゃって、4日で2冊読んでしまった。オリンピックそっちのけ。しかしサッカー、ここでも。だってファウルが多い試合は見てる方もいやだよね。ってか足踏まれての発言でもないみたいだし、普段韓国人がどうのと思ってなくても、ネット上で売り言葉に買い言葉で「おのれ韓国人め〜」って発言になっちゃったんじゃないの。なんかもうやだ、サッカーの国際試合。

話は戻りますが、2作続けて読んだジャック・リーチャー、なんとソビエト時代に10代で軍に徴収されてからずっとみじめな境遇にいた人や、アフリカに送り込まれた兵士とかが出てくる。それがまあなんともひどい目に合うんですが、そういう被害者が加害者だったり、加害者かと思われたのが被害者だったり、物事が単純に割り切れない。作者がイギリス人なのでねえ。これは「ドラゴン・タトゥーの女」三部作とも共通しています、作者はスウェーデン人。ヨーロッパ人は国際政治への関心が高いですが、だからあの人たちはみなニヒルで皮肉屋なのか。そんな本ばっか読んでると自分も冷めた気分になります、世の中全て政治。はちみつだったらいいのにねえ、Everything is honey〜♪
ジャック・リーチャーはアメリカ中をふらふらしているので、場所の設定でだいぶ雰囲気が違うんですが、次はもっと単純なのにしよっと。そしてオリンピックの陸上を観戦して燃えるのだ〜陸上なら勝ち負けがはっきりしますからね。でもあんまりすご過ぎても今度は薬物を疑われるっつうんだから、どうなのオリンピック。ええい、白黒どっちなの、はっきりして!








[2012/08/04 09:20] | Category: None | Trackbacks(0) | Comments(1) |
<<オリンピックネタ | HOME | ローカルテレビ>>
Comments
My brother suggested I might like this web site.
He was totally right. This post actually made my day.
You can not imagine simply how much time I had spent for this info!
Thanks!
[2017/08/01 10:49] URL | Foot Pain #- [ Edit ]
Post a comment












Only the blog author may view the comment.

Trackbacks
Trackbacks URL
http://sophiechan.blog138.fc2.com/tb.php/400-b81750c3
Use trackback on this entry.
Profile

kat

Author:kat
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.